銀行で住宅ローンとカードローンの併用リスクとは

住宅ローンの借り入れは、できるだけ金利を低く抑えることが大事です。銀行融資なら、借入期間が長く、返済額も高額ににりがちな住宅ローンでも低金利で借りられます。

給料の受け取り先にしてある銀行口座や、現金の預かり元に利用していた銀行からの住宅ローンは、審査が有利になったり、金利が低くなることもあって、助かります。銀行によっては、住宅ローンの貸し付けをしている人に対しては、カードローンの金利を低く設定しているところもあって、資金の融通が容易になります。ただし、一つの銀行からカードローンと住宅ローンのどちらも利用したいという場合は、長所だけでなく短所もあることは覚えておきましょう。金利優遇が受けられるといったメリットだけに目がいってしまうものの、実際にはどちらかが返済できなくなれば共倒れになってしまいます。カードローンの支払いがうまくいかない場合、住宅ローンも難しくなるでしょう。借りたお金を期日通りに返すことができなければ、担保になっていた家の権利が銀行に移ってしまいかねません。住宅ローンを借りる時には家を抵当に入れていますので、返済が滞れば住んでいる家を手放さなければならなくなってしまいます。やむを得ない事情があって、住宅ローンの支払いが不可能になって場合、担保に入れていた住宅を売り払い、そのお金を銀行に支払って、返済をしなければならなくなります。低金利でカードローンの融資をうけられるとしても、借りたお金はきちんと返済できなければなりませんので、無闇に借りていいものではありません。そもそも、住宅ローンの審査は厳格に行われているため、銀行側はより精度の高い情報を有することとなります。カードローンや、住宅ローンは便利な存在ですが、返済の見通しが立っているかは、借入時に重視したいことです。ブラック融資