会社で便意をもよおさなくなった

私は子供の時は便秘気味で、毎朝便が出ませんでした。2~3日おきに排便するという生活でした。

そのため通学の途中で猛烈な便意の為、近くの友人宅に飛び込んでトイレを貸してもらったことも何度もあります。

しかし、いつ便意がくるのか分からないため授業中や旅行中など困ることも多かったので、毎朝排便できるように習慣づけようと決意しました。

といっても簡単に習慣づけできるものではありません。

そこで私が考えたのは軽くいきんで肛門に刺激を与えることです。

朝食を摂った後、お尻を突き出して肛門に少し力を入れることを繰り返しました。

あまり力を入れすぎると身がが出ることがあるので加減が大事です。

数分から数十分行うと次第に便意を催してきます。

もちろん最初からうまくはいきませんが、割と早く便意をもよおすようになってきました。

この方法で毎朝排便する習慣はできましたが、それでもお腹が痛くなって便意をもよおすことが無くなった訳ではありません。

会社でたまにトイレに行くことは何度もあります。

ところが、ある時から今までゆる便だったのが、一本の便らしい形状に変ってきました。

その時はすぐに気付かなかったのですが、一本便になってからは会社でトイレに行かなくなり今年で3年間会社のトイレを使っていません。

何が原因なのか思い起こしてみましたが、それまでの朝食をご飯からパンに変えたことからのような気がします。

パン食に変えたのは特に一身がある訳ではなく、簡単に済まそうと思っただけなのですが、その時のメニューは四つ切りの食パン一切れにスライスチーズのせてオーブンで焼いたもの。それと、バナナ一本、小トマト一個、牛乳一杯。

この取り合わせが以外とおいしかったので以後毎朝このメニューにしました。

これ以外に食生活上で変ったことが無いので、この朝食のせいではないかと思っています。違うかもしれませんが他に思い当るところがないので。

ちなみに今まで晩は晩酌をしておかずは食べますが米は食べません。太るので・・

 

http://procyon.site/